輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング
NO3








商品名

バカラ 【ゾディアック】  2103 747  山羊 H8cmXW10cm 15%Off-

価格

30,294 円 [消費税2,244円込み]

在庫

残り少ない

送料オプション
商品説明

本体価格: ¥33.000

当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり ブランド箱のついてないものがありますので その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。B品 ブランド箱無しありません。

BC 干支山羊2 (3)
ブランド箱

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。 
   
おもだったお店を調べましたがとこも持っておりませんので お熟成アインが一番お安いです。
それではお熟成アインは何故 お安すくできるのでしょう ? それは 相変わらず売るのが下手だからです。大概のお店は 入れたとしても 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりして上手にお高くさばいていかれます。広告の力はすごいですね。高いお店なのに当店より売れています。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で いつの間にか一番お安くなっています。お熟成アインの真骨頂 ! !

未 干支の由来
縁起
群れをなす羊は、家族の安泰と平和な暮らしを意味しています。
特徴 俊敏  堅実 人情に厚い 十二支の八番目。

「未」は『漢書』律暦志によると「昧」(暗いの意)で、植物が鬱蒼と茂って暗く覆うこととされ、『説文解字』によると「味」で、果実が熟して滋味が生じた状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の羊が当てられた。

胡羊太夫は、奈良時代天武天皇の時代(672年〜686年)に活躍したとされる上野国(群馬県)の伝説上の人物(豪族)。伝承では多胡郡の郡司だったとされる。 多胡碑によれば、「和銅4年に近隣3郡から300戸を切り取り「羊」なる者に与え多胡郡とした」と記載される「羊」なる者であるとされる。なお、多胡碑の原文は漢文であり「給羊」の句があることから発想された。名前については、多胡(藤原)羊太夫宗勝、小幡羊太夫とも表記されることがある。『羊太夫伝説』では、武蔵国秩父郡(現在の埼玉県秩父市または本庄市)で和銅(ニギアカガネ)と呼ばれる銅塊を発見し朝廷に献上した功績で、多胡郡の郡司とともに藤原氏の姓も下賜されたと伝承される。この和銅発見により、年号が慶雲から和銅に改められたとされる(続日本紀卷四。ただし、実際の発見者と羊太夫が同一であることは証明しきれない。)
和同開珎
上州小幡氏が多胡羊太夫の子孫と称する。現代でも群馬県高崎市及び安中市の多胡氏を羊太夫の流れを汲むとする説もある。
神社羊
(群馬県安中市中野谷の羊神社)
里見郷上里見東間野の風戸集落が太夫の落ち延びた先とする伝承もある。上里見の間野・谷ケ沢・上神地区には、多胡姓が多い。この多胡氏の氏神・多胡羊太夫を祀る多胡神社や多胡宮羊宗勝神儀位の石碑(寛延元年・1748年)も残されている。また、群馬県利根郡みなかみ町後閑には、金の蝶に化身して飛んできた八束小脛が住んだという洞窟に八束脛神社が建てられている。その洞窟は、八束脛洞窟遺跡と呼ばれ、弥生時代中期前半の火葬・風葬の共同墓地とみられている。
八束小脛は、当時の先進技術が超自然の力(超能力、魔術、法力など)と誤解されたもの、山岳信仰などが、人物化した姿であろうと結論付ける論者も多い。
愛知県・名古屋市の羊神社 群馬県多野郡にある「多胡碑」に関係のある「羊太夫」(この地の領主)が、奈良の都に上るときに立ち寄っていたゆかりの屋敷が、この地(現 辻町)にあり、この地の人々が、平和に暮らせる為「人心を安らかに」という願いをこめて、羊太夫が火の神を祀ったともいわれ、羊神社と呼び称えるようになったと伝えられている。地名の由来 鎮座地、辻町は尾張志に「今、村の名を辻といえるは、羊の省かりたるやとぞ」。尾張国地名考に「住昔火辻村といひしを後世火の字を忌みて単に辻村と書といふ」と記されている。里の名を辻というも御社の羊の名にし負へるとぞ聞く

羊太夫の伝説(歌語り風土記)
羊太夫は、八束脛 - コピー
昔 羊太夫は、八束脛(やつかはぎ)という足の長い男を従者に使い、この男の力で空を飛び、驚くほどの速さで毎日のように大和へ通っていた。ある日八束脛が昼寝をしている時、羊太夫は悪戯で 脇の下の黒い羽のようなものを抜いてしまった。その為に大和へ通へなくなった羊太夫は、謀反の疑いをかけられ、都から差し向けられた軍に滅ぼされたという(群馬県・安中市の多胡羊神社)。 八束脛は金の蝶と化して月夜野の石尊山まで逃れ、洞窟に隠れ住んだといい、その遺跡に八束脛神社(利根郡月夜野町後閑)がまつられ、鳥居に「八束脛三社宮」とある。
八束脛洞窟遺跡 弥生時代の洞窟墓地 群馬県みなかみ町
八束脛洞窟遺跡 弥生時代の洞窟墓地 群馬県みなかみ町

羊太夫は、和銅年間に武蔵国の秩父で銅を発見して富み栄えたともいう。

「多胡宮羊太夫宗勝神像位」碑
「多胡宮羊太夫宗勝神像位」碑
愛知県・名古屋市の羊神社 群馬県多野郡にある「多胡碑」に関係のある「羊太夫」(この地の領主)が、奈良の都に上るときに立ち寄っていたゆかりの屋敷が、この地(現 辻町)にあり、この地の人々が、平和に暮らせる為「人心を安らかに」という願いをこめて、羊太夫が火の神を祀ったともいわれ、羊神社と呼び称えるようになったと伝えられている。地名の由来 鎮座地、辻町は尾張志に「今、村の名を辻といえるは、羊の省かりたるやとぞ」。尾張国地名考に「住昔火辻村といひしを後世火の字を忌みて単に辻村と書といふ」と記されている。里の名を辻というも御社の羊の名にし負へるとぞ聞く

クリスタル(人工水晶)の王者  バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが 通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。

1764年 ルイ15世の認可を受け パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。

アインの安さの秘密

1.お熟成洋食器店
  ご購入のお品は 一昔前に お安く仕込んだ 丁寧作り品です。
  今仕入れて 今売る新作等は 他店様同様 この限りにありません。
(当店は 自社耐震ビルに お熟成・検品した在庫品しか 販売しません。
  なるほど お客さんに よく 早いと褒められるわけですね。)

2.有料のインターネットショップ店に払う手数料分を お客様に還元しております。

3.ポイントを発行しないで ポイント分と その管理手間を 今 必要なお品を 買われるお客様に 還元しております。

tennai.jpg
お熟成(ねかせ) 根生え 洋食器店 アイン店内 ワンフロアー 100坪 
2〜5階は倉庫です。誰もが認める 品揃え世界一の 高級ブランド洋食器店です。
新品(クリスマス イヤープレートのみ例外) 良品 安いのが アインです。

お熟成(ねかせ) 根生え 洋食器店 アイン

品質にも 根生(ネハエ)洋食器店 として 精一杯 頑張っております。 ココをクリック

数量 [半角数字]