輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング
NO3




商品名

バカラ 【デギュスタシオン(利き酒) ブランド箱 2105】 926 グランドボルドー H24.5cm 750cc ペア 21%Off 

価格

35,834 円 [消費税2,654円込み]

在庫

残り少ない

送料オプション
商品説明

本体価格: ¥42.000    

BC デギスタシオン 2610926 グランボルドー ペア箱
ブランド箱

入荷しました。 
当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり ブランド箱のついてないものがありますので その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。B品 ブランド箱無しありません。

主だったお店を調べまして このおしゃれ品を持っているお店を二軒見つけましたが お熟成アインが一番お安くしております。本当は だんだん 数も減ってきてますので 今 注文できるのか 如何ほどになるのか 割引するのが心許無くなってきます。
それではアインは 何故 お安いのでしょう ?  それはバカラ社を出てきたままの真正な姿でありながら 売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告に金をかけたり ポイントで釣ったりして上手にお高く売られます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。だからいつの間にか 一番お安くなるのです。お熟成アインの真骨頂 ! !

あるご夫婦のお客さんから
「アインさんは 他所にない良い物をたくさんお持ちですが あまり有名にならないでいてほしい。買いたいものが色々あるのですが 自分たちは そんなに余裕がないから 少しずつしか買えないので あまり有名になられて どんどん売切れていくのが心配です。」と言われました。当店の返事は「大丈夫ですよ。宣伝広告するぐらいなら その広告代をいつか巡り合うお客さんに還元したいので 宣伝広告したことありませんから」でした。
でも宣伝の力って凄いですね。宣伝して有名になると高くても売れるんですから
お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

ボージョレ 今日から味わいへ 17.11.2017 朝日新聞 朝刊
フランス産ワインの新酒 ボージョレヌーボーが16日午前0時 解禁になった。今年もまた 解禁を待ちわびた愛好家たちが 各地で祝杯を挙げた。でも輸入量は年々減っている。フランス食品振興会によるとボージョレヌーボーの16年の輸入量はピークだった04年から半減し 17年も減少する見込みだ。もともとワインは熟成が進んだものが高級品とされており ボージョレヌーボーは新酒のわりに割高だというワイン通も少なくない。各社は売り方を工夫して「ボジョパ」を提案したり ワインに合うレシピをスーパーの店頭などで公開し家飲みを促して巻き返しを図ります。一方でペットボトル入りの750ccを538円の安値で売り出し ボージョレヌーボが初めての層をターゲットにファンを増やそうとする輸入元もいます。                        

ブドウ踏みワイン娘ヨーロッパのブドウ踏みワイン娘
ヨーロッパのブドウ踏みワイン娘
                  
ボルドーワインは、フランス南西部ボルドーを中心とした一帯で産出されるワインである。
ジロンド県全域にわたる地域で「ボルドー」を名乗ることができ、この一帯は世界的に最も有名なワイン産地の一つである。ここで産出される赤ワインは、クラレット/クレレとも呼ばれる。また、白ワインについてもソーテルヌの甘口な貴腐ワイン、ソーテルヌ・ワインなどがその高い品質で知られる。
ボルドーでは、古くから品質にしたがってワインの格付けが行われており、特に1855年のメドック地区における赤ワインの格付けが有名である。
メドックの第1級格付けワイン
メドック地区での格付けは、第1級から第5級までに分類されており、今なおワインの市場価格に影響力を持っている。なお第1級に格付けされているワインは、次の5銘柄である。
1)シャトー・ラフィット・ロートシルトは、メドック地区ポーイヤック村にある著名なボルドーワインのシャトーの名称、および同シャトーが生産する赤ワインの銘柄の名称である。現在メドックに4つある第1級格付けワインの中で、シャトー・ラフィット・ロートシルトはしばしばその筆頭に挙げられる。「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」のドイツ語風の読み。
セカンドラベルは、カリュアード・ドゥ・ラフィット。
シャトー・ラフィット・ ロートシルト
シャトー・ラフィット・ ロートシルト
2)シャトー・マルゴー
3)シャトー・ラトゥール
4)シャトー・オー・ブリオン

ディオニューソスはギリシア神話に登場する豊穣とブドウ酒と酩酊の神である。この名は「若いゼウス」の意味。オリュンポス十二神の一柱に数えられることもある。(ゼウスまたはディオスは本来ギリシア語で「神」を意味する)
日本語では長母音を省略してディオニュソス、とも呼ぶ。別名にバッコスがあり、ローマ神話ではバックスと呼ばれ、豊穣神リーベルと同一視された。
ゼウスとテーバイの王女セメレーの子。ヘーラーは、夫の浮気相手であるセメレーを大変に憎んでいた。そこで、彼女に「あなたの愛人は、本当にゼウスその人かしら?」という疑惑を吹き込んだ。セメレーは内で膨らむ疑惑に耐えきれず、ゼウスに必ず願いを叶えさせると誓わせた上で、「ヘーラー様に会う時と同様のお姿でいらしてください」と願った。ゼウスは仕方無く雷霆を持つ本来の姿でセメレーと会い、人間であるセメレーはその光輝に焼かれて死んでしまう。ゼウスはヘルメースにセメレーの焼死体からディオニューソスを取り上げさせ、それを自身の腿の中に埋め込み、臨月がくるまで匿ったという。。
ヘーラーの狂気
生まれたてのディオニューソスは、セメレーの姉妹であるイーノーに渡された。ディオニューソスは娘として育てられ、夫アタマースはこれを黙認していた。しかし、ヘーラーは、このことを憎んでアタマースに狂気を吹き込んだ。アタマースが白い鹿を見つけて矢を射たところ、殺したのはイーノーとの息子レアルコスだった。狂気に駆られたアタマースは、更にレアルコスの体を八つ裂きにした。イーノーはもう一人の息子メリケルテースを抱いて逃げたが、アタマースに追いつめられ、母子ともに海に身を投げた。別の説では、イーノーも狂気に駆られ、沸騰したお湯の入った鍋にメリケルテースを入れて殺し、その遺体を抱いたという。また、ディオニューソス自身も狂い彷徨うことになるのだが、キュベレーによって狂気を解かれたともいわれる。ゼウスはディオニューソスを育てた恩義に報いてイーノーを女神レウコテアーとし、メリケルテースは海神パライモーンとなった。
その後、ディオニューソスは、ブドウ栽培などを身につけて、ギリシアやエジプト、シリアなどを放浪しながら、自らの神性を認めさせるために、信者たちの獲得に勤しむことになる。彼には踊り狂う信者や、サテュロスたちが付き従い、その宗教的権威と魔術・呪術により、インドに至るまで征服した。また、自分の神性を認めない人々を狂わせたり、動物に変えるなどの力を示し、神として畏怖される存在ともなった。
ニコラ・プッサン 「バッカスの勝利」( - 1636 1635)
ニコラ・プッサン 「バッカスの勝利」( - 1636 1635)
ワインの伝来については、次のような神話がある。各地を遍歴したディオニューソスはアテーナイの近くイーカリアー村で農夫イーカリオスのもてなしを受けた。ディオニューソスは大変に感謝し、返礼としてイーカリオスに葡萄の栽培と、ワインの製法を伝授した。イーカリオスは出来上がったワインを山羊皮の袋に入れ、村人たちに振舞ったが、初めて飲む酒に村びとは興奮、毒を盛られたと誤解してイーカリオスを殺害してしまった。その死体を見た娘エーリゴネーは悲嘆の余りその場で首を吊った。事の次第を知ったディオニューソスは怒り、村の娘全員を狂気に陥らせ、集団縊死に及ばせた。やがて誤解と知った村人たちの手で哀れな父と娘は供養され、ここにディオニューソスの怒りも収まり、同地は葡萄の産地として名を知られるようになった。
エウリーピデースの悲劇『バッコスの信女』の中では次のような物語がある。テーバイの王ペンテウスは、従兄弟であるディオニューソスの影響を憂いて、信仰を禁止し、彼を捕らえようとする。しかし、ディオニューソスは市中の女性達を帰依させており、山中で信者たちの儀式を盗み見ていたペンテウスを八つ裂きにさせる。そのディオニュソスの狂信女たちの中には、ペンテウスの母であるアガウエーもいた。
ディオニューソスの祭り(四人の古代ローマ婦人の饗宴) 
ディオニューソスの祭り(四人の古代ローマ婦人の饗宴)
また、海賊に捕らえられたこともある。ディオニューソスを高貴な生まれのお坊ちゃんと勘違いした海賊に捕らえられ、船上に連れて来られた。そこで、縄で縛ろうとしたが、自然と緩くなってしまい、何度試みてもうまくいかない。ここで海賊の一人ヘカトールがディオニューソスの神性に気付き、助け出そうとしたが、時既に遅し。海賊船に葡萄酒が満ち、葡萄の蔓が絡みついて、房がたわわに実ったのである。その上、ディオニューソスは獅子へと変じ、船の中央に熊を召喚した。それに度肝を抜かれた海賊たちは海へと飛び込み、そのままイルカへと変貌させられてしまった。ただし、いち早くディオニューソスに気付き、助けだそうとしたヘカトールだけは助け、彼はその後ディオニューソスの熱心な信者になった。
こうして熱狂的な信者を獲得し、ディオニューソスは世界中に自分の神性を認めさせた。更に、冥界へと通じるとされる底無しの湖に飛び込んで、死んだ母セメレーを冥界から救い出し、晴れて神々の仲間入りをしたという。
神に仲間入りを果たした後に、ヘーラーとも和解している。ヘーラーは息子ヘーパイストスの罠に掛かり、黄金の椅子に拘束され身動きが取れなくなっていた。神々はヘーラーを解放させるため、ヘーパイストスをオリュンポスに招待するが、母に捨てられた憎しみから、彼は応じない。そこで、ディオニューソスはヘーパイストスに酒を飲ませ、彼を酔わせた状態でオリュンポスに連行しようと考えた。この功績が和解へと導いた。
また、オリュンポス十二神の一柱として数えられることもある。これは、元々十二神だったヘスティアが、彼が十二神に列せられないことを哀れんで、その席を譲ったためとも言われている。
ディオニューソスの神話には、オルフェウス教の基礎となる次のような異説もある。ゼウスはヘーラーの実の母レアーと交わりペルセポネーを産ませた。そして、蛇に化けてペルセポネーに近づき、跡継ぎとしてザグレウスを産ませた(ザグレウスは単にデーメーテールとの間に産まれた子という説もある)。ところが、ザグレウスは嫉妬に狂ったヘーラーが仕掛けたティーターン族に襲われ、数々の動物に変身して闘うも牛になったとき捕らえられ、八つ裂きにされ食われてしまった。アテーナーがその心臓を救い出し、ゼウスがこれを飲み込んだ。後に生まれたセメレーとの間の子の心臓は、本来ザグレウスのものであった。この神話はディオニューソスがかつて農耕神であったことを反映していると考えられる(→死と再生の神)。
ティーターン族はゼウスの雷霆によって焼き払われ、その灰が今の人類になったという。この灰にはティーターンの肉とザグレウスの肉(喰らったため)が混ざり合っており、そのため、ディオニューソス的要素から発する霊魂が神性を有するにもかかわらず、 ティーターン的素質から発した肉体が霊魂を拘束することとなった。すなわち、人間の霊魂は「再生の輪廻(因果応報の車輪)」に縛られた人生へと繰り返し引き戻されるのである。この輪を脱するには、ディオニューソス的な神性を高める必要があったとされる。

オルペウス教は、古代ギリシャ世界における密儀教。オルフェウス教とも。
冥界(ハーデース)を往還した伝説的な詩人オルペウスを開祖と見なしている。 また、冬ごとに冥界に降り、春になると地上に戻るペルセポネー、同じく冥界を往還したディオニューソスもしくはバッコスも崇拝された。 その歴史的起源は紀元前6世紀、または、少なくとも紀元前5世紀にまでさかのぼり得るかもしれない。
エレウシスの秘儀と同じく、 オルペウス教は来世における優位を約束した。

オルペウスは、イアーソーン率いるアルゴー船探検隊にもヘーラクレースらとともに加わった。人間を歌で誘惑し殺害する女魔物セイレーンに歌合戦を挑み一座を鼓舞、無事に海峡を渡った。このとき、ただ1人テレオーンの子ブーテースのみが誘惑に負けて命の危機に陥ったが、アプロディーテーが彼を奪ってリリュバイオンに住ませた。
青い海の人魚伝説
セイレーンは、ギリシア神話に登場する海の怪物である。上半身が人間の女性で、下半身は鳥の姿とされるが後世には魚の姿をしているとされた。海の航路上の岩礁から美しい歌声で航行中の人を惑わし、遭難や難破に遭わせる。歌声に魅惑されて挙げ句セイレーンに喰い殺された船人たちの骨は、島に山をなしたという。
あの声で 船人喰らうか 美セイレーン
【あの声で 蜥蜴食らうか 時鳥】
美しく、はかない声で鳴くホトトギスがトカゲを捕らえて食うことに驚かされる、江戸時代の俳人、榎本其角。
【類義】 外面如菩薩内心如夜叉/蛇食うと聞けば恐ろし雉子の声

妻を失ったオルペウスは女性との愛を絶ち、オルペウス教を広め始めた。ディオニューソスがトラーキアに訪れたとき、オルペウスは新しい神を敬わず、ただヘーリオスの神がもっとも偉大な神だと述べていた。これに怒ったディオニューソスは、マケドニアのデーイオンで、マイナス(狂乱する女)たちにオルペウスを襲わせ、マイナスたちはオルペウスを八つ裂きにして殺し オルペウスの首をヘブロス河に投げ込んだ。た。しかし首は、歌を歌いながら河を流れくだって海に出、レスボス島まで流れ着いた。オルペウスの竪琴も、レスボス島に流れ着いた。島人はオルペウスの死を深く悼み、墓を築いて詩人を葬った。以来、レスボス島はオルペウスの加護によって多くの文人を輩出することとなった。また、彼の竪琴は天に挙げられ、琴座となった。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者 バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが
通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。

ワイナリーのマイスター達が 樽の熟成を テイスティング(利き酒)するため用のグラス 

ラベルなし。本年作から 美観上 バカラの刻印のみ。

当時、フランスは打ち続くナポレオン戦争の終焉冷めやらず、経済的疲弊から 復興のために、フランス東部のロレーヌ地方統主であるモンモランシー・ラバルは ガラス業界への参入を考案し、 国王のルイ15世に ガラス工場設立の認化を求めて承認され パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。

アインの安さの秘密

1.お熟成洋食器店
  ご購入のお品は 一昔前に お安く仕込んだ 丁寧作り品です。
  今仕入れて 今売る新作等は 他店様同様 この限りにありません。
(当店は 自社耐震ビルに お熟成・検品した在庫品しか 販売しません。
  なるほど お客さんに よく 早いと褒められるわけですね。)

2.有料のインターネットショップ店に払う手数料分を お客様に還元しております。

3.ポイントを発行しないで ポイント分と その管理手間を 今 必要なお品を 買われるお客様に 還元しております。

tennai.jpg 
 お熟成(ねかせ) 根生え 洋食器店 アイン店内 ワンフロアー 100坪 
2〜5階は倉庫です。誰もが認める 品揃え世界一の 高級ブランド洋食器店です。
新品(クリスマス イヤープレートのみ例外) 良品 安いのが アインです。

お熟成(ねかせ) 根生え 洋食器店 アイン

品質にも 根生(ネハエ)洋食器店 として 精一杯 頑張っております。 ココをクリック

数量 [半角数字]