輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング






商品名

マイセン・森の声・614501 アッシュトレイ・53576 30%Off

価格

30,240 円 

在庫

残り少ない

送料オプション
商品説明

本体価格: ¥40.000

森の声2

小砂環境芸術祭の作品「森の残像」(作:松尾ほなみ)

『蟲のこゑ』文部省唱歌。2007年(平成19年)「日本の歌百選」に選ばれた。

あれ松蟲が鳴いてゐる。

ちんちろちんちろ ちんちろりん。

あれ鈴蟲も鳴き出した。

りんりんりんりん りいんりん。

あきの夜長を鳴き通す

あゝおもしろい蟲のこゑ。

きりきりきりきり きりぎりす。

がちやがちやがちやがちや くつわ蟲。

あとから馬おひおひついて

ちよんちよんちよんちよん すいつちよん。

秋の夜長を鳴き通す

あゝおもしろい蟲のこゑ。

和菓子受皿に おしゃれ

ヴェレンシュピール

ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の 優雅さを失う事無く 使っても楽しい 「用の美」を求め 口縁に白い波を表現した 作品集です。後世に 恥じない 20世紀を代表する作を 目指した力作ですが かなり様式化された 現代風なお花が 描かれています。

鈴虫でしょうか 森の声が密かに聞こえます。

やはり花はマイセン。学校を出て 親方(マイスター)に弟子入した ペインターの卵達が まず 最初に習うのが お花の絵です。一人前になっても 自然のお花を 工房に飾って 写生に 精を出します。マイセンでは お花を描くのは 旨くて当たり前なのです。

3人の天才ヨハン 

ベトガー ヘロルト ケンドラー 

3人の偉業により マイセンは ヨーロッパ諸窯に そして世界に 多大の影響を 与えてきました。創窯300年のマイセンは 偉大なマンネリズムを標榜し 3人の残した業績を 踏襲し続けてきました。ブルーオニオンや 龍と鳳凰文など 約3世紀に亘る 伝統に生きております。

伝統を受け継ぐ一方で 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型に ハインツ・ヴェルナー絵付けによる「アラビアンナイト1001夜」や「ブルーオーキッド」等のヒット作が ここから生まれました。

1975年には 更に若い世代によるクンストラー・コレクティヴが立ち上げられ ヴェレンシュピール型「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

3人の天才ヨハン-3

3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

「白鳥のサービス」 この中世最大のサービスは バロック様式を 代表する窯業界の 佳作でしたが 時は これを厳格なバロックの 最後の徒花となし 優雅なロココ様式のセーヴルが マイセンに取って代わっていきました。栄耀栄華絶頂の ブルボン王朝ルイ15世は 東洋の磁器でマイセンの 後塵を拝した上は 文化教養の高さで ザクセンを凌ごうとしました。15世は 1738年設立

のヴァンサンヌ窯を 1756年(7年戦争勃発年) 寵妃ポンパドール夫人のセーヴルの地に 王立窯にして移しました。(ロココ生みの親とも賞賛される ポンパドール夫人の 贅の限りを尽くした制作注文に ヴァンサンヌ窯は 経営破綻にいたりました。8人の共同経営者から 王が 寵妃の不始末の責任を とらされたというのが 王立窯誕生の内実でした。どの王立窯でも 国の面目をかけて 採算無視の 銘品を競っておりました。以来 銘窯は 王無き後 国や 公的機関 又 文化芸術を愛する 民間の富豪に支えられて 存続しております。)セーヴルとしては フリット軟質磁器で シノワズリを追っても 中国は勿論 マイセンにも 勝ち目の無いのは 明らかです。やがて時代は セーヴルの欧風ロココが シノワズリ・バロックのマイセンを旧となし 新潮流となっていきました。(結局 セーヴルは 捜し求めた カオリンを 1768年に リモージュ近郊の サン・イリョーで 発見するまで 硬質磁器を 焼成出来ませんでした)

「欧州磁器戦争史 3人の天才ヨハン-3  ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー」 詳しくは コチラをクリック  してください。 

磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1〜2世紀に 端を発します。

古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 やがて 14世紀には やはり 景徳鎮で 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3〜5年で 1710年に完成させました。ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。

数量 [半角数字]