輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング
NO3




商品名

マイセン 【龍と鳳凰文・黒・320010】 18.5cmプレート・501 10%Off

価格

72,900 円 [消費税5,400円込み]

在庫

残り少ない

送料オプション
商品説明

本体価格: ¥75.000         

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

主だったお店を調べまして 18.5cmプレートの予約販売をしているお店があったのですが10%ffしかできず今はやめておりますが シリーズ名をドラゴンブラックとしており 本来中国の吉祥文「龍と鳳凰文」から来ておるのに物足りない名前です。マイセンでもドラゴンカラーとしており 王室専用の格式あるシリーズですから 鳳凰の翻訳が難しかっても せめて「ドラゴンとフェッニックス」ぐらいにはして欲しいものです。いずれにしろ どうやらシノワズリの旧作新品は お熟成アインにしか無く したがって一番安いようです。
マイセン社は制作を半分に抑えて プライスを大幅に上げております。なかなか誰も手が出ないようです。 苦労していれても 割引ができません。損を覚悟で10%ffがせいぜいです。
それではお熟成アインは 何故 お安いのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では如何ほど積んでもこれだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

龍と女2
龍と鳳凰
龍と鳳凰

龍の起源は 中国神話にあります。時代によって多少は変わりますが おおむね 天子の龍は5爪 貴人の龍は 4爪 3爪とされ 天子以外の 5爪龍は 死罪にもあたるとされておりました。インドに渡った龍(中国伝来のインドの龍は 禁断の5爪でなく 4爪でした。)は コブラ信仰のナーガとなり 中国への仏教伝来とともに 土俗の蛇神信仰として里帰りしました。日本へも 蛇神信仰として 伝来しました龍は 3爪でした。従って よしんば柿右衛門の龍があったとしても 3爪のはずです。
既に 精査して 私の予言通り 年代も明確な柿右衛門の3爪龍を 『柿右衛門手丸文龍磁板(延宝年間1677年建立の西本願寺内・腰瓦)福岡県立美術館所蔵』で証明しておりますが 美術骨董品店の写真に色々興味深いものがありまして 少し考察を述べてみたいと思います。

初代柿右衛門の考案した濁手の柿朱風に似た マイセン磁器の龍と鳳凰文を 柿右衛門の模倣とされておる何人かの先生を散見しました(日本の定説?)が 多分 書物に惑わされておるのでしょう(どちらが後先かは判りませんが) 柿右衛門の濁手の柿朱絵は そのあでやかさに魅了された本家景徳鎮もいち早く取り入れております。そして模倣品を 自家薬籠中の物として ヨーロッパに輸出しております。その中に中国の夫婦和合の吉祥文 龍と鳳凰 があったのか 又は鮮やかな柿朱に魅せられたヘロルトが アウグスト強襲王がお気に入りで 王専用にしていた龍と鳳凰文に取り入れたかのいずれかでしょう。 いずれにしろマイセンの龍は 中国伝来の4爪龍で 日本の先生方が柿右衛門の3爪龍の模倣としているのは間違いです
龍鳳呈祥
龍鳳呈祥
ちなみに 鳳凰は 皇后の象徴とされており 皇帝の象徴である龍との 夫婦和合の吉祥文であります。(このことからも 柿右衛門の龍に 中国の鳳凰を組み合わせた説は 偽説であるのは明白です。もともと中国の夫婦和合の吉祥文だったのですから。) 

本家柿右衛門でさえ 高い技術が要されることから七代(1711年-1764年)以降に濁手の作品は中絶してしまう。
費用対効果を重んじるヨーロッパでは (日本の職人の経験と勘による高度な技術に 刃が立たなかったのかも?) 端から濁手は受け入れられておりません。
日本では 柿右衛門十二代と十三代(1906年-1982年)は1947年頃から濁手の復活を目標とし、1953年に初めて濁手の作品を発表した。濁手の製作技術は1955年に国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択され、1971年には重要無形文化財に指定されている(保持団体として柿右衛門製陶技術保存会を認定)。

このマイセンの 龍と鳳凰文 に似た作品 この気炎のような爪に似た柿右衛門の龍が沢山あります。異国情緒を煽り 竜の神秘性を高めるために 日本で独創性を打ち出したいためか 写実を離れ 抽象化してるものが多いです。
色絵柿右衛門龍鳳凰に宝珠五寸皿
色絵柿右衛門龍鳳凰に宝珠五寸皿

更に 精査して 爪も年代も明確な柿右衛門の龍をやっと探しあてました。やはり 私の予言通りの3爪でした。
初代柿右衛門は(1596慶長〜1666寛文)の人ですから 初期柿右衛門(1596〜1679)の4代目(1640〜1679)の作品になります。銘は見ておりませんが 所在と 所蔵先からみて 下記認定は信じられます。
(柿右衛門手丸文龍磁板(延宝年間1677年建立の西本願寺内・腰瓦)
(柿右衛門手丸文龍磁板(延宝年間1677年建立の西本願寺内・腰瓦)福岡県立美術館所蔵

後期,現代柿右衛門は3爪と4爪少しですが 2軒の骨とう品屋さんに 13代柿右衛門とされている品に面白い品を見つけました。
藍柿右衛門の皿(江戸中期)
藍柿右衛門の皿(江戸中期) 3爪

後期,現代柿右衛門は3爪と4爪少しですが 13代柿右衛門とされている品に面白い品を見つけました。
13代柿右衛門 染錦龍地紋香合十三代酒井田柿右衛門の染錦龍鳳凰文花瓶
13代柿右衛門 染錦龍地紋香合(3爪)   十三代酒井田柿右衛門の染錦龍鳳凰文花瓶(4爪)
爪の数も描き方も 龍の絵姿も 凡そ同じ人の作品とは思えないのですが?

「相棒」の杉下右京(水谷 豊)さんじゃないけれど 小さなことが気になる 岡本 笥椎の悪い癖。
こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
(私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)  

日本の定説
 ジャポネズリ
柿右衛門の描く龍に 鳳凰を配した ヘロルト原画 
柿右衛門の 余白の美に傾倒する アウグスト強襲王のお気に召し ザクセン王宮専用となる。

シノワズリ
マイセンを知らず マイセンを語り 柿右衛門の上面しか見ず 柿右衛門を語る 間違った文献に惑わされておりましたが ここに訂正します。 2015.04.23.  
再度精査の上 訂正します。2016.02.20

マイセンの龍は 4爪です。中国伝来の龍は 禁断の5爪下の 4爪だったのです。ヘロルトが この龍の顛末を知っていたかどうかはさておいて シノワズリの龍を高貴なものとして アウグスト強襲王に 献上しました。王が柿右衛門の余白の美に傾倒されていたことは事実ですが アウグスト強襲王のお気に召し ザクセン王宮専用(磁器宮殿 ヨハネウムナンバー)になった この龍と鳳凰文を 柿右衛門贔屓と結びつけたのは 話を面白くする人の日本贔屓がなせる業でしょう。 当初より 龍と鳳凰文が シノワズリに分類されていることを 絵空事の世界では 知る由もないでしょう。(柿右衛門説への疑問は マイセンのシノワズリ分類との不整合性から生まれました。)いずれにしろ この名作は 時につれ ペインターたちにより 約30種もの 組み合わせパターンを 生み出され 歴代の王達を楽しませました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。 
ちなみに 鳳凰は 皇后の象徴とされており 皇帝の象徴である龍との 夫婦和合の吉祥文であります。(このことからも 柿右衛門の龍に 中国の鳳凰を組み合わせた説は 偽説であるのは明白です。もともと中国の夫婦和合の吉祥文だったのですから。) 余談ですが アンティックを 楽しむのはいいですが 夢 金儲けにしょうはいけません。欲に付け込まれて 玄人に多くのガラクタを掴まされている方が 鑑定してくれと持ってこられたものの中に ヨハネウムナンバーを偽って 仰々しく金数字を 蛇足したものがありました。

「龍と鳳凰文」 ザクセン王宮専用だった この名作は 時につれ ペインターたちにより 約30種もの 組み合わせパターンを 生み出され 歴代の王達を楽しませました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。   

当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット・シェープ 
ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画

マイセン 人気のシノワズリ 
ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに宮廷画家として確固たる地位を確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。ヘロルトのシノワズリは 欧州にて 高い評価を受け 果てには 本家中国にまで 影響を及ぼすほどでした。

ドラゴン ブラック
在りし日の今作 か細い龍 

MS 龍と鳳凰文 ブラック 501 18cp (1)
旧作 当店 重厚なシノワズリ龍

3人の天才ヨハン-5 
「欧州磁器戦争史  3人の天才ヨハン-5」 詳しくは コチラをクリック してください。 

マイセン・翠の月(パテ・シュール・パテ)931689 G・アーノルド作 磁板画95168  20%Off  のお求めはコチラ
  
拡大写真
MS 2000限定 931689 額装 翠の月 拡大4
マイセン・翠の月931689 パテ・シュール・パテ  G・アーノルド作 金箔額装磁板画 当店所蔵

余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。

  

数量 [半角数字]