輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング
NO3




商品名

リチャードジノリ 【アマデウスの唄 ジャーダー 】 ティーC/S 20%Off

価格

27,648 円 [消費税2,048円込み]

在庫

残り少ない

送料オプション
商品説明

本体価格: ¥32.000      

ジャーダー : 翡翠
オフィーリア
オフィーリアの死(翡翠) ドラクロワ(1844)
オフィーリアは、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ハムレット』の登場人物である。デンマークの若い貴婦人で、ポローニアスの娘、レアティーズの妹、ハムレット王子の妃候補でもある。王妃ガートルードとならんで、この戯曲に登場する2人の主な女性キャラクターのうちの一人である。ハムレットの独白 「生きるべきか、死ぬべきか」の台詞で知られる。
第4幕第7場で王妃ガートルードは「小川を斜めに横切ってはえるヤナギが…」で始まる台詞で、オフィーリアがヤナギの木に登り、小枝が折れたせいで小川に落ちて溺死してしまったことを報告する。ガートルードは、オフィーリアは「自身の災難もわからぬまま」のように見えたと述べる。ガートルードがオフィーリアの死を説明する場面は、文学における最も詩的な死の知らせの一つとして賞賛を集めている。後の場面で、墓場にいる墓掘り人はオフィーリアは自殺したに違いないと主張している。

RGMAG1P.jpg
ブランド箱 324円  ギフト包装用に正規代理店から購入                       
   
お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。 

手描き手工芸品 フィレンツェのドッチアミュージアムか お熟成アインでしか お目に掛れません。
ドッチアミュージアム
フィレンツェ ミュージアム

18年前 ヨーロッパ最大のドイツの リチャードジノリ代理店が代理店契約終了に当たり 在庫の処理を巡り リチャードジノリ社とトラブっておりましたので アインが 40フィートコンテナ2本分の在庫を引き受けました。超一流店として アインに足らざるブランド洋食器300年の歴史と伝統を買いました。
以来 グッチジノリになるまで フィレンツェ本店から 直接仕入れておりました..。
中間業者のマージンのいらないのもお安く売れる秘密の一つでした。

主だったお店を調べましたが 日本未入荷の美術品で 取り扱いのあるお店はございません。お熟成アインがお安い部類です。
クッチシノリ社は 安売りをして倒産するのは嫌だと公言して プライスを大幅に上げております。
それではお熟成アインは何故 重厚な旧作をお安すくできるのでしょう ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてお高くさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で 今では これだけの美品は手に入りません。お熟成アインの真骨頂 ! !

フランソワ・ブーシェ - エウロペの誘拐 (1747)
フランソワ・ブーシェ - エウロペの誘拐 (1747)
ポントの王ミトリダーテに エウロペの誘拐  がジャケットに使われています。モーツァルトの作品にも エウロペの誘拐 はありません。それでは何故 ?

「相棒」の杉下右京(水谷 豊)さんじゃないけれど 小さなことが気になる 岡本 笥椎の悪い癖。
こだわりの 岡本 笥椎(ジュンスイ)
家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあらば 椎の葉に盛る 有間皇子 万葉集 巻二(一四二)
(私の号する笥椎とは 華やぐ器 実用の器を意味します。まあ茶碗というところです。)  
 
十八世紀オーストリアで活躍したウィーン古典派の三巨匠(ハイドン、ベートーヴェン)の一人 作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト制作オペラ 『ポントの王ミトリダーテ』K.87は、3幕からなるオペラ。モーツァルトの最初のオペラ・セリアである。
神童モーツァルトはこのオペラを、イタリア旅行中の1770年、わずか14歳の時に書き上げました。モーツァルトはボローニャで、当時オーストリア領だったロンバルディア地方総督府長官フィルミアン伯爵からの依頼を受け、12月末には全曲が完成し、初演は12月26日にミラノ宮廷劇場において、モーツァルト自身の指揮によって行われ、大成功を収めたという。
なお、このオペラの登場人物であるミトリダーテは、アナトリア半島のポントスの王ミトリダテス6世(紀元前120年 - 紀元前63年)のことである。ミトリダテス6世はローマ内部の抗争に乗じて小アジア一帯に勢力を広げると共に、ローマの東方における覇権に挑戦して3次にわたって戦火を交えた人物であった。                       
ポントの王ミトリダーテ2
『ポントの王ミトリダーテ』
第1幕
黒海沿岸のポントスの王ミトリダーテは、ローマに対する戦役に出陣するに際して、結婚を約していたアスパージアを、2人の息子シーファレと兄ファルナーチェに託していた。そのミトリダーテが戦死したという報告が伝わり、かねてからアスパージアに対してよこしまな恋心を抱いていたファルナーチェは、その思いを遂げようとしてアスパージアに迫る。アスパージアは既に密かな愛を感じていたシーファレに対して保護を願う。ファルナーチェはアスパージアをはっきりと自分のものにしようと迫るが、彼女はこれを拒み、シーファレに助けを求める。2人は争うが、そこにニンフェアの領主であるアルバーテが来て、2人を押し留める。アルバーテは「ミトリダーテは生きていて、しかもニンフェアの港に帰ってきた」と告げる。2人は争いを止め、ミトリダーテを迎えようとする。だが、ファルナーチェはミトリダーテを裏切ろうとし、一方シーファレは父に従う気持ちを捨てなかった。つづいてローマの護民官であるマルツィオが登場し、ファルナーチェに対してローマ側に寝返るようにすすめる。
場面は港の情景に転換し、ミトリダーテがファルナーチェの花嫁としてイズメーネを連れて船を降りてくる。シーファレとファルナーチェも父親を迎えにやって来る。イズメーネはファルナーチェとの再会にもあまり心が動かず、アルバーテに対してミトリダーテは、自分が故意に戦死の報告を流し、2人の息子のアスパージアに対する態度を知ろうとしたのであると打ち明ける。アルバーテが2人の王子のとった態度について報告すると、ミトリダーテはファルナーチェの行為に激怒し、シーファレの態度には一応安堵する。
第2幕
ファルナーチェとイズメーネとのやりとりで始まり、イズメーネはファルナーェの心変わりを責めるが、ファルナーチェは相変わらず冷たいままである。ミトリダーテはイズメーネに、息子だとしても容赦はしないと語る。つづいてミトリダーテとアスパージアとのやりとりがあり、彼は許婚がファルナーチェを愛していると思い込む。アスパージアはこの後、初めてシーファレに自分の思いを告白する。ミトリダーテが一同を呼ぶのを知って、アスパージアはシーファレを完全に避けようとする。
場面が転換してミトリダーテの陣営となる。
ミトリダーテとイズメーネ
ミトリダーテ  イズメーネ
ミトリダーテはイズメーネに、ファルナーチェはアスパージアによこしまな恋心を抱いているばかりか、敵国のローマに通じている裏切り者であると告げる。ミトリダーテは2人の息子を呼びつけ、ローマに対する戦争の続行と敵の本拠地であるローマを攻撃すると宣言する。しりごみするファルナーチェ、進んでローマへの攻撃を自分に任せるよう進み出るシーファレ。ローマの護民官マルツィオの出現にミトリダーテは激怒し、マルツィオを追いやる。父の怒りに触れたファルナーチェは、弟シーファレこそアスパージアの恋の相手であると暴露する。ミトリダーテは驚愕し、事実を確かめるべくシーファレをテントの陰に隠れさせ、アスパージアに罠をかける。彼女は罠に気付かずに、自分が愛しているのはファルナーチェではなくシーファレであると告白してしまう。事実を知ったミトリダーテは復讐を誓う。残されたアスパージアとシーファレは互いに自分の死を求め、やがて一緒に自殺しようと考える。
第3幕
架空庭園にミトリダーテが姿を現し、つづいてイズメーネに付き添われて来たアスパージアが登場する。ミトリダーテは自分を裏切った2人の息子を殺す決意を述べる。イズメーネはミトリダーテを諭し、アスパージアはシーファレの消息を尋ね、ミトリダーテはやはり自分の妃となって欲しいと乞う。これを拒むアスパージアも自分の復讐の生贄にしようというミトリダーテの前にアルバーテが駆けつけ、ローマ軍が上陸し、ミトリダーテの軍勢が潰走したと報告する。ひとり残されたアスパージアには毒の入った杯が届けられる。杯を飲み干そうとする瞬間、シーファレが兵士たちと登場して飲むのを止めさせる。自分はミトリダーテと共に戦争に行くと語って、兵士にアスパージアを託したシーファレは、自分はもうこうした人生に疲れたと歌う。
場面がニンフェアの城壁に通じる塔の内部に転換し、ファルナーチェは鎖に繋がれている。マルツィオがローマ兵と共に登場して、ファルナーチェを解放する。しかしファルナーチェは良心の呵責に苛まれる。
「ポントの王ミトリダーテ」
再び場面はニンフェアの王宮の大広間に変わり、負傷したミトリダーテが運ばれて来るが、シーファレとアルバーテが付き添っている。ミトリダーテは自分の死を覚悟し、シーファレの忠誠心と勇気の証人になったことを喜ぶ。アスパージアが登場すると、ミトリダーテは彼女をシーファレに委ねる。そこにファルナーチェとイズメーネも姿を現すが、イズメーネはファルナーチェもローマ軍を撃破し、その軍艦に火を放った忠誠心の持ち主であると告げる。ミトリダーテは彼を許し、こうしてシーファレとアスパージア、ファルナーチェとイズメーネは結ばれ、ミトリダーテは心安らかに息絶える。そしてポントをはじめとする東方の国々は、ローマに屈服することなく戦い続けることを誓う。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

アマデウスシェープ アール・デコ様式

ミュージオ・ドッチア
ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
ジオ・ポンティ原型 
建築家としても知られた アート・ディレクターの 
ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
RG アマデウスの唄ブルー 裏
アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。 
手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩
重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

本金は 古色が付きます。
風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

お店で アマデウスの唄・ジャーダーを 見たお客さんが 言われます。
美しいですね。明るい翡翠色ですね。

私は お答えします。
コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 手工芸・美術品です。
それにしても 二人の巨匠による この逸品を 
美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。      

類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。
生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。

「悠久の歴史の中に埋もれし 英雄・姫妃との出会い」 コチラをクリック してください。

「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック してください。

数量 [半角数字]