輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング




商品名

リチャードジノリ 【インペロスカラ】  エスプレッソC/S 20%Off

価格

20,736 円 

在庫

残り少ない

送料オプション
商品説明

本体価格: ¥24.000

伊名 ラ スカラ

オペラの殿堂 ミラノ・スカラ座をイメージして

初代の宮廷劇場以来の伝統を持つイタリアオペラ界の最高峰とされる。

初代の歴史的建築物のテアトロ・ドゥカーレは 1776年2月、謝肉祭のガラ・コンサート後に焼失した。1776年、第2案が女帝マリア・テレジアにより承認された。当時ミラノを含む北イタリアはオーストリアの領地であった。新しくサンタ・マリア・アラ・スカーラ教会の跡地にジュゼッペ・ピエルマリーニの設計で1778年に完成した新古典主義の劇場を「スカラ」座と名付けた。この教会の名前はかつてミラノを支配したヴィスコンティ家に嫁いだベアトリーチェ・デッラ・スカーラに由来する。

新劇場は「公国立スカラ新劇場」の名で落成し、アントニオ・サリエリ作の『見出されたエウローパ』でこけら落としを行った。建設費はバルコニー席の売上げで賄われ、各ボックスの持ち主は自席を豪華に飾り立て、観客に強い印象を与えた。スカラ座の当初の照明は油のランプで、舞台用の84基 その他劇場内用の数千基が設置されていた。そのため何百個もの防火用水入りバケツを多数の部屋一杯に配置していた。その後油ランプはガス灯に替わり、1883年には電灯に交換された。当初の構造は1907年に改修されて今日の配置と同様になった。

スカラ座

第二次世界大戦中は、ミラノがサロ政権下に置かれていた1943年に受けた連合国軍機による爆撃で大きく破壊されたがその後修復され、ヨーロッパ戦線における戦闘が終結してからわずか1年後の1946年に、トスカニーニの指揮による演奏会で再開した。スカラ座は数々の著名なオペラの初演の舞台となった。プッチーニの代表作である蝶々夫人やトゥーランドットはスカラ座で初演されている。とりわけヴェルディとは特別な関係を有している。

天井桟敷には口うるさく熱狂的なオペラファンが多数詰め掛けており、歌手がうまく歌えたり失敗したりするのに対し熱狂的にも批判的にもなりうる。スカラ座の天井桟敷はオペラ界の炎の洗礼であるとみなされ、イタリアで最も軽蔑的とされるフィスキ(口笛)で野次られる)。

マリア・カラスの「椿姫」はスカラ座の歴史上において最大の成功作のひとつであり、記録的な収益をもたらした舞台であった。

劇場は2002年1月19日から2004年11月までの間、大改修プロジェクトのため閉鎖された。

イタリアオペラの殿堂、ミラノ・スカラ座が2年半の大々的な改修工事を終え、伝統どおり12月7日、つまりミラノの守護聖人アンブロージョの日から再オープンする。柿落としは1778年のスカラ座創設当初と同じ演目でサリエリの『見出されたエウローパ』が選ばれた。この開幕式の切符の値段はボックス席などは2,000ユーロ(約27万円)で通常の10倍にも跳ね上がる。イタリアのベルルスコーニ首相やスイスのダイス大統領などが出席する予定だ。この日に改修の本当の成果が判るだろう。

『ドン・キホーテ』は、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説。

ドン・キホーテ スカラ座バレエ

ドン・キホーテ バレエ スカラ座

騎士道物語(当時のヨーロッパで流行していた)を読み過ぎて妄想に陥った郷士(下級貴族)の主人公が、自らを伝説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」(ラ・マンチャの騎士・キホーテ卿)と名乗り、痩せこけた馬のロシナンテにまたがり、従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける物語である。

1605年に出版された前編と、1615年に出版された後編がある。

旧態依然としたスペインなどへの批判精神に富んだ作品で、風車に突進する有名なシーンは、スペインを象徴する騎士姿のドン・キホーテがオランダを象徴する風車に負けるという、オランダ独立の将来を暗示するメタファーであったとする説もある。主人公の自意識や人間的な成長などの「個」の視点を盛り込むなど 最初の近代小説ともいわれる。騎士道を信じて疑わない主人公の不条理かつ突拍子もない言動の数々を喜劇仕立てで描いていると同時に、年老いてからも夢や希望、正義を胸に遍歴の旅を続けるその姿が多くの人の感動をよんでいる。

また、聖書の次に世界的に出版されておりベストセラー小説・ロングセラー小説である。

ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ

豪華な手描き金彩 不思議な静けさを グリーンが醸します。

インペロシェープ

ジノリを 代表する アンピール様式の花

(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

お店で Impスカラを 見たお客さんが 言われます。

美しいですね。

私は お答えします。

 コレは 初代 ジノリ侯が  ジノリ創窯の威信を 世に問うた力作で 貴族趣味の 王侯姫妃

たちに  愛用され  約3世紀 生き続けた 美術品です。コレを 美しいと いわれる 貴方の

お眼眼は 時空を超えて 侯や 姫妃のお眼眼と 一体です。 

類稀な 美貌と知性の女性は 鄙に生まれながら 自らの運命に従い 皇帝の妃に。

生まれながら 王家の姫は 運命られし縁に 時の王妃へと。

「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」 詳しくは コチラをクリック してください。

イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。兄弟は マイセンから ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯を経た アルカニストを名乗るフンガーの売り込みを 信じて受け入れました。フンガーは マイセンのカオリンを まんまとせしめ 初めて磁器焼成に成功しました。(彼は 以後 報奨金を求めて 転々とするのですが カオリンに恵まれず 一度も成功しておりません。ロイヤルコペンハーゲンへも 売込みをかけましたが いかがわしい噂のある男として 受け入れられませんでした。流れ流れてロシア・ペテルブルグで エリザベータ女帝に 1744年 王立窯を 開かせました。ここでも カオリンに恵まれず 4年で追放されました。皮肉なことにその直後に モスクワ近くで カオリンが 発見されました。)フンガーが 唯一 成功したヴェッツィ窯も マイセンのカオリンを止められて 10年を経たずして 廃窯しております。

次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。侯は ウィーン窯の前身 デュ・パキエ窯からヨハン・ツィルンフェルトを受け入れ 湧き上がる ヨーロッパ白磁戦争に 堂々と参戦しました。

1743年 カポデモンテ窯創設

1738年、カルロス3世(1716年 - 1788年)は、ナポリ・シチリア王(カルロ7世および5世、在位:1735年- 1759年)、のちブルボン朝のスペイン王(在位:1759年 - 1788年)は ザクセン選帝侯兼ポーランド王アウグスト3世の長女マリア・アマリア・フォン・ザクセンと結婚した。彼女は王に愛され生涯にわたり13人の子をなすのですが 初めの40,42年の2人の娘は 喜びも束の間に夭折します。1743年 3人目の娘が無事に生まれ 喜びの中 マリア・アマリアは 磁器王女(マイセン創窯のアウグスト強襲王・ポーランド王の孫娘)に相応しいカポディモンテ窯を創設させました。1759年、カルロス3世は 異母兄フェルナンド6世の死去によりスペイン王即位の為、スペインに帰るに際し、カポディモンテは モールドは 勿論 職人も含めて、総てを スペインのBuen Retiro (1808年まで生産が続けられた。)に譲渡されました。

1771年 フェルディナンド1世(ナポリ王としてはフェルディナンド4世)王妃マリア・カロリーナ ナポリ窯創設。

フェルディナンド1世は アウグスト強襲王(強精と強力は 夙に有名で 両手で 馬の蹄鉄をへし折って 驚く人にご満悦)血筋ゆえか 体力に恵まれ性格も非常に善良であったが、王族としての正式な教育を受けておらず、若い頃から重要な書類には家臣に自分のサインのスタンプを押させ、自らは狩りやスポーツに明け暮れた。性格が正反対と言ってもいいマリア・カロリーナ妃が嫁ぐとすぐに妃に夢中になった。妃からは教養の無さや行儀作法の悪さを「かわいいおばかさん」と呼ばれていた。しかし夫婦仲は良好であり、子に恵まれ家庭生活は幸せなものであった。結婚時の約束の一つに、妃が王子を産めば摂政になれるという約束があり、王子誕生後は政治的実権は完全にマリア・カロリーナが握っており、フェルディナンドは狩りや社交に徹していた。

フェルディナンド1世は女性の手、特に手袋をした手を偏愛しており、マリア・カロリーナは何か頼みごとがある時は長手袋の手をすっと彼に差し出していた。フェルディナンドはうっとりとし、何でも妃の願い事を聞いたという。

ハプスブルク王家や ナポレオン治世下を経た 両シチリア王国 フェルディナンド3世治世下の(ナポリ窯)カポデモンテを 1834年 ジノリが買収。モールドを継承した正式な継承ですから 復刻にナポリ王冠窯印Ginoriを施したものは正当です。ただここからが問題ですがジノリは ナポリを訪れる観光客への街道沿いのお土産屋からの依頼で モニュメント的なベースや キャンドルスタンドなどのモールドを作り ナポリ王冠窯印Ginoriを 施した贋作を作ります。お土産業者は 仕入れ価格の6倍でも売れるのに味を占め よりアンティックに見せる為 Ginoriの施印まで外させたほどです。只ジノリも面白くないのか ナポリ王冠等とても雑で 一目でお土産品ですよと判ります。日本の清水で売られる 中国製の清水焼に 「清水」としか書かれてない手合と同じです。「ジノリ社は (マリア・アマリア)カポデモンテの継承を言いますが 正式にはナポリ窯(マリア・カロリーナ)のカポデモンテを継承したのです。直 この不名誉なカポデモンテ贋作製造について ジノリ社史は あえて触れておりません。」

(カポデモンテとジノリについては 群盲 象を撫でるごとく 諸説紛々 入り乱れております。街の学者さんたちは ジノリに問い合わせたり 真実を求めて努力をされておられます。そこで今回 真贋の作品の収集・検証後 史実に基づき 正論を開陳します。 詳説は ブログ 洋食器に魅せられて 欧州磁器戦争史 リチャードジノリ http://einsshop.blog43.fc2.com/blog-entry-9026.html ここをクリックしてください。ご意見 ご異論ある方は 是非 ご遠慮なくご批判 ご教導ください。)

当初 灰色味がかっていた白磁も 1790年ごろからリモージュのカオリンを 用いることで完璧な白磁を完成させております。

1869年には リチャード社を 合併して 今の リチャードジノリ社になりました。(真相は ジノリ家内の領地争いの中、ミラノの陶芸家、アウグスト・リチャードに 身売りしたのが 社名の頭から判ります。)

特筆されることは 1920年頃 アート・ディレクターに ジオ・ポンティを招聘して 新しい 芸術性豊な 作品群を ものにして 名声を高めたことです。

数量 [半角数字]