輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング








商品名

ロイヤルクラウンダービー 【ロイヤルアントワネット】  26.5cmプレート 11%Off

価格

34,625 円 

在庫

残り少ない

商品説明

本体価格 ¥35.000            

祝新生活 ! 忙しい朝の便利な三点盛り大皿 
トースト スクランブルエッグ ハムサラダ 等いかがですか。

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

主だったお店を調べまして  一枚持っているお店を一軒(10%OFF)見つけましたが お熟成アインが一番安くしております。何故でしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

身長 154cm ウエスト 58〜59cm、バストが109cmで、当時のモードに合った体型であった。
幼少期を過ごしたオーストリアには当時から入浴の習慣があった。入浴の習慣がなかったフランスへ嫁いだ後も彼女は入浴の習慣を続け、幽閉されたタンプル塔にも浴槽が持ち込まれたという記録がある。入浴をする習慣は、体臭を消すという目的が主だった香水に大きな影響をもたらした。マリー・アントワネットは当時のヨーロッパ貴族が愛用していたムスクや動物系香料を混ぜた非常に濃厚な東洋風の香りよりも、バラやスミレの花やハーブなどの植物系香料から作られる軽やかな香りの現代の香水に近い物を愛用し、これがやがて貴族達の間でも流行するようになった。もちろん、このお気に入りの香水もタンプル塔へ持ち込まれている。

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ(1755年 - 1793年)は、神聖ローマ皇帝フランツ1世とオーストリア女大公マリア・テレジアの十一女としてウィーンで誕生した。当時のオーストリアは、プロイセンの脅威から伝統的な外交関係を転換してフランスとの同盟関係を深めようとしており(外交革命)、その一環として母マリア・テレジアは、自分の娘とフランス国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト(後のルイ16世)との政略結婚を画策した。当初はマリア・カロリーナがその候補であったが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉マリア・ヨーゼファが1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリのフェルディナンド4世へ嫁ぐことになった。そのため、アントワネットがフランスとの政略結婚候補に繰り上がった。マリー・アントワネットとルイとの夫婦仲は、極めて良かったが、子供が生まれず性生活を疑った母親マリア・テレジアより、1777年、マリー・アントワネットの長兄ヨーゼフ2世が新婚夫妻の元に遣わされ、夫妻それぞれの相談に応じた。翌1778年、結婚生活7年目にして待望の子供マリー・テレーズ・シャルロットが生まれた。
1774年、ルイ16世の即位によりフランス王妃となった。こうした中で、マリー・アントワネットとスウェーデンの貴族フェルセン伯爵との浮き名が、宮廷では専らの噂となった。(当時 不倫と近親相姦は公然の秘密であった)
フェルセン伯爵
フェルセン伯爵                      マリー=アントワネット         
府ランス革命が勃発しマリー・アントワネットはルイ16世と フェルセン伯爵の力を借り、フランスを脱走してオーストリアにいる兄レオポルト2世に 1791年 助けを求めようとする。

マリー・アントワネットは、フランス革命前に民衆が貧困と食料難に陥った際、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と発言したと紹介されることがある。しかし、この悪評はマリー・アントワネット自身の言葉ではないことが判明している。
マリー・アントワネットの名誉回復には、結局死後30年以上を要した。現在では、「パンがなければ」の発言をはじめとする彼女に対する悪評は、そのほとんどが中傷やデマだということが判明している。

ロイヤルアントワネットシリーズは、エリザベス女王が週末をお過ごしのウィンザー城(バッキンガム宮殿から車で)の朝食用テーブルウエアとしてご愛用いただいています。
ウィンザー城 は、イングランドの都市ウィンザーにある城。ロンドンから日帰りで十分行ける距離(バッキンガム宮殿から車で小一時間ほど)にあり、毎年多くの観光客が訪れている。イギリス王室の所有で、女王エリザベス2世が週末に過ごす場所でもある。およそ45,000平方メートルの床面積を持ち、現存する城で人が住むものとしては最大のものである。
ロイヤルアスコット開催開催時には、エリザベス女王自ら、ウィンザー城から馬車に乗って臨席し、レース表彰式では女王自ら優勝馬関係者に優勝トロフィーを贈呈する。
世界最大級のお城
世界最大級のお城 ウィンザー城。
イギリスが誇る世界遺産ストーンヘンジと、エリザベス女王の居城ウィンザー城、ハリー・ポッターの撮影にも使われた大学都市オックスフォードを巡るロンドン発の人気スポット。
女王が週末を過ごすためにここを訪れているときには王室旗が、平日などのいないときにはイギリス国旗がはためいている。
ウィンザー城はウィリアム1世によって建てられた。この城はモット・アンド・ベーリー形式の木造の城であり、現在のウィンザー城の中央部、円形の塔の部分に建てられたものであった。当時の城の詳細はわかっていないが、本来は純粋に軍事的な用途の城であり、ロンドン防衛の一部を担っていた。
ヘンリー2世は木製の防壁を石造りにし、また初めて石造りのキープ(城の心臓部となる、中央の塔)を建設した。
ヘンリー3世によって建設された西部の防壁はその一部が現在にも残っており、現存するこの城の最古のものである。
1350年より、城はエドワード3世によって一部を残して取り壊され、新しいものに再建された。またその後も建物が追加、改修されていった。

ロイヤル・コレクションで、王室図書館にレオナルド・ダ・ヴィンチ手稿が蔵されている事でも著名である。
絵画に劣らず、生涯を通じてもっとも熱心に追究しつづけたのが、解剖学だった。頭蓋骨、神経、血液循環、はては性交の仕組みに至るまでを考察し、画家ならではの精緻な素描を添えている。
レオナルド・ダ・ヴィンチ 人体解剖図 ウィンザー城王立図書館蔵
レオナルド・ダ・ヴィンチ 人体解剖図 ウィンザー城王立図書館蔵
レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452年 - 1519年)は、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家で、音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に顕著な業績と手稿を残し、「万能人」 という異名などで親しまれている。

レダと白鳥、ギリシア神話の主神ゼウスが白鳥に変身し、スパルタ王テュンダレオースの妻 レダを誘惑したエピソード。
チェザーレダセスト (1477年 - 1523年)はイタリアの 画家でした 。
Leda_Swan1.jpg
〈レーダーと白鳥〉 ダ・ヴィンチ(原画は失われた)のエスキースとチェーザレ・ダ・セストによる模写(1505年〜1520年頃) サロメ 美術史美術館
レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452年- 1519年)は、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。
このモチーフは古代ローマ時代の大規模な作品ではあまり見られず、他にはカメオ、宝石、指輪、などの小さな装飾に用いられている。古代ローマの詩人オウィディウス等のの作品によって、中世ヨーロッパでレダと白鳥のエピソードはよく知られており、イタリアルネサンス期の古典的官能表現とともに広く取り上げられるモチーフとなった。多くの芸術家が独自の『レダと白鳥』を描いており、詩人のイェイツも『レダと白鳥』という詩を書いている。

2018/11に公表されたポンペイ出土のレダと白鳥のフレスコ画
レダと白鳥のフレスコ画
ポンペイは、イタリア・ナポリ近郊にあった古代都市。79年8月24日の昼過ぎ、ヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれた

『レダと白鳥』 イェイツ 1920年
突然の不意打ち。 大きな翼は たじろぐ少女の頭上にいまだ羽ばたき、彼女の太腿《ふともも》は 暗い水かきによって優しく愛撫され、彼女のうなじは彼のくちばしに捕えられて、彼はその胸に彼女のどうすることもできない胸を抱きすくめる。

どうすれば その怯えて力の抜けた指先が彼女の弛緩した太腿から その羽毛に覆われた賞賛を押しやることができるのか?
どうすれば、その白い襲撃の中に横たえられた体はその場所で、ただただ初めての心臓の鼓動を感じるだけでいられるのか?

腰の中での一つの震えはそこに生ぜしめる、 壊れた城壁を、燃え上がる屋根や塔をそして 死せるアガメムノンを。

そのように捕まえられ、野獣の血気に逸った雰囲気によってそのように屈伏させられていて、彼女は 彼の力を伴った知恵を身につけただろうか関心をなくしてくちばしが彼女が落ちることを許す前に?

ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865年 - 1939年)は、アイルランドの詩人、劇作家。イギリスの神秘主義秘密結社黄金の夜明け団のメンバーでもある。作風は幅広く、ロマン主義、神秘主義、モダニズムを吸収し、アイルランドの文芸復興を促した。日本の能の影響を受けた戯曲『鷹の井戸』も執筆している。 1976年から発行されていたアイルランドの20ポンド紙幣に肖像が使用。
 
エレガントなフラワーリースのデザインと、ノスタルジーが漂う波打つシェイプが上品にマッチしています。
美しい金彩、愛らしい花々、散りばめられた小さな星。アフタヌーンティー、ハイティーなど、ティータイムをより優雅に演出してくれる逸品です。

こちらのティーカップは、口が当たる部分に柔和なカーブがあることから、紅茶が大変飲みやすい作りになっています。
また、ソーサーは、「卵殻胎とかモスリン胎」といわれる大変薄手の生地を、ロイヤルクラウンダービー社の確かな技術で、優雅で美しい波打つラインに仕立て上げました。

265cm他店
他店

265cm.jpg
当店   
               
1773年 ジョージ3世から クラウンを窯印に
1890年 ヴィクトリア女王から ロイヤルを名乗ることを それぞれ許された 英国最高峰の窯 1743年創業(チェルシー) 英国最古の磁器窯の名乗も 牽強付会と一笑に付すことは出来ません。 
お熟成洋食器店ならこその凄い名物

欧州磁器戦争史  王権と民窯−1 英国 ここをクリック してください。

1743 チェルシー窯 英国初の軟質磁器窯
1750 ブランシェ窯 ダービー窯の前身
1770 チェルシー窯を買収し チェルシー・ダービー窯に
1773 ジョージ3世より クラウンの窯印を許さる
1775 伊万里・金襴手を模し イマリ・ジャパン
     マイセンの柿右衛門写し と共に 欧州二大ジャポネズリ

数量 [半角数字]