輸入洋食器店アイン

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング








商品名

ロイヤルクラウンダービー 【ロイヤルアントワネット】 ティーC/S 6%Off

価格

30,456 円 

在庫

残り少ない

商品説明

本体価格: ¥30.000

RD_MT_RA_RCD1P箱
美麗旧代理店箱 432円  ギフト包装用に正規代理店から購入

お熟成価格は 安くて美味しい。お熟成ワインは ボージョレヌーボーより美味しいですが プレミアムが付いた分 高くなる。何故 お熟成アインは 安くなるんですか ? お熟成のプレミアムも お客様に差し上げているからです。

主だったお店を調べましたが  お熟成アインが一番安そうです。何故でしょうか ? それは売るのが下手だからです。大概のお店は 色々な宣伝広告をしたり ポイントをつけたりしてさばいていかれます。売り下手のアインは ひたすらお熟成 お値打ちのつくのを待ちます。お陰で お熟成アインが一番お安くなりました。お熟成アインの真骨頂 ! !

当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。B品 ありません。

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ(1755年 - 1793年)は、神聖ローマ皇帝フランツ1世とオーストリア女大公マリア・テレジアの十一女としてウィーンで誕生した。当時のオーストリアは、プロイセンの脅威から伝統的な外交関係を転換してフランスとの同盟関係を深めようとしており(外交革命)、その一環として母マリア・テレジアは、自分の娘とフランス国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト(後のルイ16世)との政略結婚を画策した。当初はマリア・カロリーナがその候補であったが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉マリア・ヨーゼファが1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリのフェルディナンド4世へ嫁ぐことになった。そのため、アントワネットがフランスとの政略結婚候補に繰り上がった。結婚すると間もなく、ルイ15世の寵姫デュ・バリー夫人と対立する。もともとデュ・バリー夫人と対立していた、ルイ15世の娘アデライードに焚きつけられたのだが、娼婦や愛妾が嫌いな母・マリア・テレジアの影響を受けたアントワネットは、デュ・バリー夫人の出自の悪さや存在を憎み、徹底的に宮廷内で無視し続けた。ルイ15世はこの対立に激怒し、母マリア・テレジアからも対立をやめるよう忠告を受けたアントワネットは、1771年7月に貴婦人たちの集まりでデュ・バリー夫人に声をかけることになった。しかし、声をかける寸前にアデライード王女が突如アントワネットの前に走り出て、皆が唖然とする中で、アントワネットを引っ張って退場したと言われている。2人の対決は1772年1月1日に、新年の挨拶に訪れたデュ・バリー夫人に対し、あらかじめ用意された筋書きどおりに「本日のヴェルサイユは大層な人出ですこと」とアントワネットが声をかけることで表向きは終結した。
マリー・アントワネットとルイとの夫婦仲は、極めて良かったが、子供が生まれず性生活を疑った母親マリア・テレジアより、1777年、マリー・アントワネットの長兄ヨーゼフ2世が新婚夫妻の元に遣わされ、夫妻それぞれの相談に応じた。翌1778年、結婚生活7年目にして待望の子供マリー・テレーズ・シャルロットが生まれた。
元々ポンパドゥール夫人のために建てられるも、完成直後に当人が死んで無人だったプチ・トリアノン宮殿を与えられてからは、そこに家畜用の庭を増設し、子供を育てながら家畜を眺める生活を送っていたという。1774年、ルイ16世の即位によりフランス王妃となった。こうした中で、マリー・アントワネットとスウェーデンの貴族フェルセン伯爵との浮き名が、宮廷では専らの噂となった。(当時 不倫と近親相姦は公然の秘密であった)
マリー・アントワネット2 - コピー
マリー・アントワネット 女優        スウェーデンの貴族フェルセン伯爵
パリではアントワネットへの流言飛語の類の中傷が多かったが、結果的にこれらの中傷がパリの民衆の憎悪をかき立てることとなった。
マリー・アントワネットは、フランス革命前に民衆が貧困と食料難に陥った際、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と発言したと紹介されることがある。しかし、この悪評はマリー・アントワネット自身の言葉ではないことが判明している。
マリー・アントワネットの名誉回復には、結局死後30年以上を要した。現在では、「パンがなければ」の発言をはじめとする彼女に対する悪評は、そのほとんどが中傷やデマだということが判明している。
1789年7月14日、王政に対する民衆の不満が爆発し、フランス革命が勃発した。国王一家はヴェルサイユ宮殿からパリのテュイルリー宮殿に身柄を移されたが、そこでマリー・アントワネットはフェルセン伯爵の力を借り、フランスを脱走してオーストリアにいる兄レオポルト2世に助けを求めようと計画する。1791年6月20日、計画は実行に移され、国王一家は庶民に化けてパリを脱出する。豪奢な(そして、足の遅い)ベルリン馬車は、国境近くのヴァレンヌで身元が発覚し、6月25日にパリへ連れ戻される。このヴァレンヌ事件により、国王一家は親国王派の国民からも見離されてしまう。1792年、フランス革命戦争が勃発すると、マリー・アントワネットが敵軍にフランス軍の作戦を漏らしているとの噂が立ち パリ市民と義勇兵はテュイルリー宮殿を襲撃し、マリー・アントワネット、ルイ16世らの国王一家はタンプル塔に幽閉される(8月10日事件)。1793年1月、革命裁判は夫ルイ16世に死刑判決を下し、ギロチンによる斬首刑とした。マリー・アントワネットは8月2日にコンシェルジュリー監獄に移送され、その後裁判が行われ アントワネットが無罪を主張し、裁判は予想以上に難航。業を煮やした裁判所は息子に「母親に性的行為を強要された」と無理矢理に近親相姦を犯した旨を証言させた。それでも潔白・無罪を主張するがギロチン処刑の判決は覆らなかった。処刑の前日、アントワネットは夫の妹エリザベート宛ての遺書「犯罪者にとって死刑は恥ずべきものだが、無実の罪で断頭台に送られるなら恥ずべきものではない」を書き残している。遺書を書き終えた彼女は、朝食についての希望を部屋係から聞かれると「何もいりません。全て終わりました」と述べたと言われ、そして白衣に白い帽子を身に着けた。
マリー・アントワネット ギロチン
「私の血は残っている」マリー・アントワネット、ウィリアム・ハミルトン、1794斬首日当日、マリー・アントワネットは特別な囚人として肥桶の荷車でギロチンへと引き立てられて行った。コンシェルジュリーを出たときから、髪を短く刈り取られ両手を後ろ手に縛られていた。その最期の言葉は、死刑執行人の足を踏んでしまった際に発した「お赦しくださいね、ムッシュウ。わざとではありませんのよ。」だとされている。通常はギロチンで処刑の際に顔を下に向けるが、マリー・アントワネットの時には顔をわざと上に向け、上から刃が落ちてくるのが見えるようにされたという噂が当時流れた。12時15分、ギロチンが下ろされ刑が執行された。処刑された彼女を見て群衆は「共和国万歳!」と叫び続けたという。

ロイヤルアントワネットシリーズは、エリザベス女王が週末をお過ごしのウィンザー城(バッキンガム宮殿から車で)の朝食用テーブルウエアとしてご愛用いただいています。
ウィンザー城 は、イングランドの都市ウィンザーにある城。ロンドンから日帰りで十分行ける距離(バッキンガム宮殿から車で小一時間ほど)にあり、毎年多くの観光客が訪れている。イギリス王室の所有で、女王エリザベス2世が週末に過ごす場所でもある。およそ45,000平方メートルの床面積を持ち、現存する城で人が住むものとしては最大のものである。
ロイヤルアスコット開催開催時には、エリザベス女王自ら、ウィンザー城から馬車に乗って臨席し、レース表彰式では女王自ら優勝馬関係者に優勝トロフィーを贈呈する。
ウィンザー城
イギリスが誇る世界遺産ストーンヘンジと、エリザベス女王の居城ウィンザー城、ハリー・ポッターの撮影にも使われた大学都市オックスフォードを巡るロンドン発の人気スポット。
女王が週末を過ごすためにここを訪れているときには王室旗が、平日などのいないときにはイギリス国旗がはためいている。
ウィンザー城はウィリアム1世によって建てられた。この城はモット・アンド・ベーリー形式の木造の城であり、現在のウィンザー城の中央部、円形の塔の部分に建てられたものであった。当時の城の詳細はわかっていないが、本来は純粋に軍事的な用途の城であり、ロンドン防衛の一部を担っていた。
ヘンリー2世は木製の防壁を石造りにし、また初めて石造りのキープ(城の心臓部となる、中央の塔)を建設した。
ヘンリー3世によって建設された西部の防壁はその一部が現在にも残っており、現存するこの城の最古のものである。
1350年より、城はエドワード3世によって一部を残して取り壊され、新しいものに再建された。またその後も建物が追加、改修されていった。

チャールズ皇太子は、ある夜、バルモラル邸でエリザベス女王と向かい合い、カミラ夫人との関係を公にしたいと頼んだ。だが、女王はカミラ夫人を『That Wicked Woman(あの性悪女)』と言い放った。
エリザベス女王は、かねてからカミラ夫人の酒癖の悪さに辟易していました。飲むとコントロールが効かないほど泥酔してしまうのです。エリザベス女王は、カミラ夫人が、夫のチャールズ皇太子が王位を継承することを望んでいるのを知っているので、そのためにお酒をやめてくれるのではないかという希望を抱いていたようですが、ひどくなるばかりのようで、周囲の関係者も、酔っぱらったカミラ夫人の態度に愛想をつかし、今では辟易するほどです。
カミラ夫人の酒癖2
躊躇うことなく皇太子に刃先を向け威嚇 わかった?
ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚後にふたりの人気は高まるばかりなので、カミラ夫人は気が気ではありません。英国民の間でも、エリザベス王女が退いた後は、チャールズ皇太子よりウィリアム王子に王位を継承して欲しいという希望がある一方で、まだ子供が小さいため時期尚早という声もあります。しかしチャールズ皇太子も、カミラ夫人の酒癖の悪さから、『王位はウィリアム王子に譲りたい』とエリザベス女王に申し入れをしたと言われております。

ハリーポッターのロケ地が点在 レイコック村
ハリーポッターのロケ地が点在 レイコック村

エレガントなフラワーリースのデザインと、ノスタルジーが漂う波打つシェイプが上品にマッチしています。
美しい金彩、愛らしい花々、散りばめられた小さな星。アフタヌーンティー、ハイティーなど、ティータイムをより優雅に演出してくれる逸品です。

こちらのティーカップは、口が当たる部分に柔和なカーブがあることから、紅茶が大変飲みやすい作りになっています。
また、ソーサーは、「卵殻胎とかモスリン胎」といわれる大変薄手の生地を、ロイヤルクラウンダービー社の確かな技術で、優雅で美しい波打つラインに仕立て上げました。

RCD ロイヤルアントワネット ティー他店
他店

RCD ロイヤルアントワネット ティー1
当店
               
1773年 ジョージ3世から クラウンを窯印に
1890年 ヴィクトリア女王から ロイヤルを名乗ることを それぞれ許された 英国最高峰の窯 1743年創業(チェルシー) 英国最古の磁器窯の名乗も 牽強付会と一笑に付すことは出来ません。 
お熟成洋食器店ならこその凄い名物

欧州磁器戦争史  王権と民窯−1 英国 ここをクリック してください。

1743 チェルシー窯 英国初の軟質磁器窯
1750 ブランシェ窯 ダービー窯の前身
1770 チェルシー窯を買収し チェルシー・ダービー窯に
 1773 ジョージ3世より クラウンの窯印を許さる
1775 伊万里・金襴手を模し イマリ・ジャパン      欧州二大ジャポネズリズリ

数量 [半角数字]